【東京都大田区】庭木の剪定・お庭のお手入れ

東京都大田区の庭木の剪定・お庭のお手入れ「サザンカ」の生垣、ツバキ科で11月から1月頃までお花を咲かせる

山茶花の生垣のお手入れです。
サザンカはツバキ科で11月から1月頃までお花を咲かせる常緑の花木。
早春のお花が咲く前の冬季に鮮やかなお花が咲き、萌芽力もあるので刈り込みも出来、生垣にも利用出来る使い勝手の良い樹種です。
以前は取り扱いが多かったですが、昨今、樹種の選定の際には、
条件1) 虫が付かない木 → チャドクガ(🐛) → サザンカ(ツバキ) → NG
となる傾向があり、中々用いる機会が少なくなかった印象があり残念です。
ケムシが発生する時期は決まっているので適期に対処を行えばそれほど面倒な樹種ではないのですが…。

東京都大田区の庭木の剪定・お庭のお手入れ「サザンカ」は6月頃まで枝を伸ばし花芽を形成。

サザンカは今年の伸びた枝先に花を咲かせる当年性枝のタイプ。
6月頃まで枝を伸ばし花芽を形成。剪定の適期は花が終わった後の3〜4月に枝透かし、9〜10月に樹形を乱す枝の整えです。
刈り込みも同時期ですが秋に強く刈り込むと花芽がなくなるのでご注意下さい。

東京都大田区の庭木の剪定・お庭のお手入れ「サザンカ」の生垣、剪定の適期は花が終わった後の3〜4月に枝透かし、9〜10月に樹形を乱す枝の整えがbest

今回は、毎年刈り込みを繰り返しているため枝が込んで重たくなってきた頭の部分の透かし剪定と、葉張りが広くなる原因の間延び枝の切り戻しを行いました。
枝を更新するために思いきった剪定が出来るのはまさに今の季節です。
本日も有り難うございました。

東京都大田区の庭木の剪定・お庭のお手入れ「サザンカ」の生垣の剪定bestシーズン

  1. 柿ノ木のお手入れ
  2. 【東京都大田区】植木屋の焼き杉による木製フェンス設置、防腐剤
  3. 日本芝の管理・お庭のお手入れ・スパイク
  4. 大田区池上の植木屋の焼き杉による木製フェンス設置、ハードな木材程高額でもなく、15年、20年の永い年月楽しむ事が出来る。
PAGE TOP