【東京都】危険樹木の伐採・施工例

庭内の高木 ミズキ。
株元が見事な迄に空洞化し、神秘的な様相を呈していました。
石組の隙間に飛来した種が芽梢となり、永い年月をかけてここに自分の居場所を築き上げてきたのでしょう。

初めて出会った20数年前の当時から株元は既に虚化していました。
万一の倒壊に備えて、大きく張り出した枝を2年に一度下ろしてきましたが、ここ数年は毎年恒例作業に。
そして遂に「倒れた際の被害が大きい」との理由で伐採処分のご決断が下されました。

水木の後ろに更に大きい トウネズミモチ があるので、ロープを使っての吊るし切りを行いました。

伐採後の株元の様子です。
石を巻き込んで成長を続けていたようです。

切り口が余りにも目立ってしまうため、黒とシルバーのラッカースプレーで色づけしてみました。

高木の作業は正直怖いです💦 危険を伴う為気を抜く事ができません。
作業を終え、ホッとすると同時に、変わってしまった景観に一抹の寂しさを覚えました。

本日も有り難うございました。

 

  1. 東京都大田区・植木屋・西洋芝の育成と管理
  2. 橘は他の柑橘樹と同様、3月に新芽が芽吹く前が最も理想的な剪定時期です。
  3. 柿ノ木のお手入れ
  4. 大田区池上の植木屋の焼き杉による木製フェンス設置、ハードな木材程高額でもなく、15年、20年の永い年月楽しむ事が出来る。
PAGE TOP