【東京都大田区】防草シート敷設施工例

土地を売却予定のお客様より、整地後の草シートの敷設作業を承りました。

「整地」とは?

旧家屋等の解体後に建材ごみを撤去し、転圧作業で平らにした土地のこと。

建物等の上物を単に除去した状態の土地の事を「更地」といい、上物さえなければ、木がはえていても凸凹でも更地になるんだそうです。
似たり寄ったりの感がありますが、大切な土地を出切るだけ高値で売却するためには、より良い見た目と状態が望ましいので、極めて重要な違いです。

せっかく解体費用をかけて売却予定地を「整地」としても、雑草がぼうぼうに生い茂ってしまっては「整地」が「更地」となってしまい、価値が下がることになるようです。

台風の時期等、強い風でシートがめくれあがってしまうことも有りますので、土嚢袋等で上から押さえるとより安心です。

本日も有り難うございました

  1. 大田区東蒲田「大田区緑の条例」マンションの緑地帯3
  2. 芝生は「1に除草・2に除草、3・4が無くて5に除草」
  3. 都杉並区の庭木の剪定・お庭のお手入れ「サルスベリ」before
  4. 東京にて越境枝下ろし・高所作業を行う時の注意
PAGE TOP