【東京都大田区】庭木の伐採/抜根・施工例

庭木の撤去を承りました。 伐採及び抜根です。

家屋の開口部と公道の間の植栽帯です。
「切っても切っても枝が生えてきてしまう。」 お客様のお声を受け、現調に伺い確認したところ、生育していたのは根元の直径10cm程に成長したタブノキ、エノキ、トウネズミモチ の切り株跡。
切り口から無数のヒコバエが立ち上がっており、窓を開けるのも。
環境が良ければどれも10mを越える強健な高木。取り除くのがベストな選択でしょう。

作業終了後

新たに植物を植えられるご予定はないとのこと。
何かしらの防草処理は今後必要になるでしょうが、取り急ぎこれまでのストレスからは解放されることかと存じます。

本日も有り難うございました。

  1. コニファー エレガンテシマの撤去・伐採/抜根
  2. 東京にて越境枝下ろし・高所作業を行う時の注意
  3. 橘は他の柑橘樹と同様、3月に新芽が芽吹く前が最も理想的な剪定時期です。
PAGE TOP