【東京都大田区山王】マンションの植栽工事・施工例

公道に面する接道緑地帯での生け垣造成に続き、マンション裏側 北側に面した隣地境界部緑地帯の植え込み作業を前回行いました。
》2018年5月18日【東京都大田区山王】マンションの植栽工事・施工例

コンクリート土間の養生シートが外され、外部のクリーニング作業も終了。植栽も本日は仕上げの作業を残すのみです。

本日の作業
・マルチング材の敷き並べ
・植え込まれた高木の剪定作業
・灌水作業

本工事では、植栽帯内の植木が植えられていない土壌表面を覆うために3種類のマルチング資材を使用。

1) 犬走り、兼隣地接道部緑地帯にあたるこちらのスペースでは、いわゆる砂利(建材砂利)を敷き込み。
雨水の跳ねっ返り防止が目的で魅せるエリアではありません。コストを抑える意味合いも兼ねての使用です。

2) 高木/低木の植栽スペースでは、管理時 肥料やり等の土壌を掘り返す作業が必要になります。
その際砂利敷きにしてしまうと何かとやっかいでありますので、天然の「リサイクルチップ」をご提案させていただきました。
庭砂利やインテリアパーク等に比べて大幅にコストダウンが可能です。
近い将来土壌に帰るであろう程度の素材ですが、その頃には低木のハマヒサカキが育ち、土壌をしっかりと覆い始めていると思います。

天然の「リサイクルチップ」で大幅にコストダウンが可能

3) 駐輪場奥の小植栽スペースには、「伊勢砂利」を使用。

植え込みの際、モチノキの新芽がまだしっかりと固まっていなかったため、適量の枝葉を剪定しました。
植え込みの際、モチノキの新芽がまだしっかりと固まっていなかったため、適量の枝葉を剪定しました。

本日も有り難うございました。

  1. 東京都大田区・植木屋・西洋芝の育成と管理

スタッフ募集中です。


求人サイト「engage」へ情報掲載中。合わせてご覧ください。

〒146-0083東京都大田区千鳥3-10-7

植木屋ブログ

PAGE TOP